北緯36度のゆず

宮ゆず

farmer:床井光雄

area:宇都宮市新里

 

エピソード1:季節風「日光おろし」を乗り越えて

 

昭和39年、100本のゆずの苗木から始まった床井柚子園。

「日光おろし」の越冬課題を乗り越えながら、地域でゆずの組合を立ち上げて高品質なゆずの生産を目指します。

10年後に初めての実がなりますが、有名産地の大量出荷に太刀打ちできず、東京市場への出荷を断念しました。

やがて高齢化・兼業化など、組合の見通しが難しくなっていきます。

いま、2代目床井光雄さんには強い信念があります。

「たくさん作ること、流通に乗せることではかないません。

けれど、日光おろしの寒さを乗り越えた宮ゆずは、香り高く、特別な効能や用途が期待できます。

手の届く範囲の生産だからこそ、いい使い手と巡り合いながらやっていける。

子供のように大切に育てて、価値を分かってくれる人に売っていくことで、地域を守っていきたい。

そういう信念の家業でありたい」

光雄さん自身も、元は建設会社を経営していた兼業農家。

今は後継者に会社を譲り、生まれ育ったゆずとの暮らしに専念しています。

エピソード2:​床井光雄さんと私

 

私が宮ゆずを使うのは、ごく自然なことでした。

当時バーテンダーだった私が、製造業の現場を知るため食品加工設備見学に参加したとき、初めて出会ったのが光雄さんです。

彼は、様子の浮いた私に「今度うちの畑へおいで」と声をかけてくれました。

彼らの住む場所を訪ねてみると、静かな、時の止まったような美しい風景がありました。

採れたてのゆずを加工する設備も、すでに持っていました。

光雄さんは大学の大先輩でもあり、奥様もまた私と同じ学部の大先輩でした。

真摯で学者肌な光雄さんと、小さな柚子加工所の工場長でもある明るい奥様と接するうちに、

私は彼らの見る世界・生きる場所が好きになり、これからも一緒に歩みたい、役に立ちたいと思うようになりました。

「なぜ栃木リキュールはこの素材を選んだのか」という風に聞かれることがしばしばあります。

どんなこだわりでこの素材に着目するのか、という期待だと思うのですが、

私はいつも「その地域と生産者が好きだから」という、極めてご近所付き合い的な、感情的な答えしか持ち合わせていません。

私の仕事において、素材単体よりも人を見ることは何より先決なのです

素敵な人や面白い人、変わっているけど愛らしい人たちは、必ずいいものを作ってくれます。

 

そんな人のために頑張る私でありたいし、もしその年に天候が荒れて生産がうまくいかない時でも、

美味しく加工するから安心してねと言える私でいたい、そのための仕事でもありたいのです。

好きな人と大切な物を共有して、地域を愛して輝かせていきたいという願い。

新しい夢にチャレンジしていく思い。

私の手仕事は、そうしたシンプルでローカルな人生の延長に過ぎないのです。

そのゆずがどんな風に生まれ育ち、どんな人の手で愛されているか。

シンプルにそれだけを伝えて、美味しさを届けたいです。​​

それが自然にできるほど、素晴らしい素材に出会えたのだと感じます。

確実に大量流通できるモノを持つ売り手は、大きな流通や宣伝を通して、それを代表格にすることができます。

私はそうした市場とは別の、身近に触れることのできる輝きを見つけて、大切にしたいと感じていました。

担い手の愛情と背景を知ることは、私が素材からインスピレーションを受けるために必要なことです。

素材を通じて生産者と歩むからこそ、彼らを好きになることが、製造の条件です

愛と信頼、そして希望が生まれないなら、私が製造業をやる必要はどこにもありません。

 

エピソード3:宮ゆずの可能性

皮が厚く香りのオイルがギュッと詰まった宮ゆず。

種のない品種は小玉でなので、丸ごと加工することもできます。また、美しい断面を生かしたスライス加工が魅力です。

種のある品種は大きく実るのため、皮の利用と共に、種の化粧品利用に適しています。

さらに、床井柚子園では、ゆず花の蜂蜜採取や、葉や果実の機能性成分の分析に取り組んでいます。

 

エピソード0​:事業案「栃木の果実で広がる未来!」2016年

 

2016年、地元銀行第一回ビジネスコンテストの様子がNHKとちぎで放送されました。

酒造起業の実現性の低さ、リキュールの認知度や採算性の低さから審査が割れましたが、

プレゼンと質疑応答態度が評価され、最優秀賞をいただきました。

 

このプレゼン内容は、BARで何度もお客さんに紙芝居として見ていただき、たくさんのアドバイスをもらい続けました。

さらに、本番の2日前に来店された宇都宮大学農学部生の「僕これじゃいやです」という言葉を受けて、

その内容をほとんどやり直すなど、最後まで先輩・後輩・農家さん・地元のみなさんの気持ちの良いスタイルは何か、

BARオーナーとして、新人起業家として追究させていただきました。

 

栃木リキュールはたった一人の会社と思われがちですが、

たくさんの人の思いを私一人で集約させていただき、利益が出るまで一人で責任を持って乗り越え、

遂行していく覚悟で始めた会社です。

もちろん、私自身の生き方や、リキュール作家・アーティストのような楽しみも反映させていただいております。

これからもより多くの方と繋がっていきたいです。今後ともよろしくお願いいたしいます。

背景透明黒ロゴ-02.png
  • fb
  • ig
  • ツイッター - ホワイト丸

不定期直売のお知らせ

 栃木リキュール便り