森林と共に生きる

日光杉

craftsman:田村 文宏

area:栃木県日光市

栃木県に古来より生態する杉は、日本の固有種です。

自然と栃木の風土に合った杉材は、建材や木工細工に用いられてきました。

ヒノキよりも堅牢でカビにくい杉材は、ずっと昔から私たちの暮らしを支えています。

プロダクトの始まり

リキュール製造者:原 百合子

工場:宇都宮市二荒町

2014年11月、私はバーボンウイスキーのファンとして、アメリカケンタッキー州の製樽工場を見学しました。そこで意外に感じたのは「製樽は伝統的なことだけれどエコではない」ということでした。

例えば、樽を固定するための鉄の輪の整型と轟音、樽を焦がすための大きな火柱は、ウッディなイメージとは裏腹に工業的でドキッとするような衝撃でした。作業員も見学者もみな耳栓をして、轟音は鳴り止みません。もちろんバーボンを作る上で必須の工程です。しかし自分が新規酒造をやろうという時には、あえてこうした樽熟成は取り入れず、全く新たな方法を探るべきだと感じました。

私は帰国してBARのお客さんとその会話をします。「樽に酒を寝かせるとは逆に、紅茶のような発想で小さな木をお酒に入れて寝かせたらいいんじゃないか」と私が提案すると、それってどういうことだろうとお客さんが検索して、ちょうどアメリカのクラウドファンディングでオーク樽材を小さなスティックにして販売実験している学生サークルを見つけてくれました。全く未知でしたが早速購入して到着まで3カ月待ち、そのかなり焦げたオークのスティックをウォッカに浸すと、なかなか良い風味がして、いける手応えがありました。次に、もっと手に入りやすくて国産の木で誇れるものはないかと探して、見つけたのが奈良県の吉野杉のスティックでした。日本酒を飲むときのマスは杉材ですが、日本酒に杉の香りをつけて飲むためのスティックが売っていて、これもウォッカに浸すとなかなか良い香りがしました。さらに飽き足りない私は、ようやく自分の生きる栃木県の林業に目を向けるようになります。

タイミングを良くして2015年3月、宇都宮の隣町「木工のまち鹿沼」の林業ツアーに参加しました。一般車の入れない山に深く入り、そこで杉の木が1本丸ごと切り倒されるシーンを初めて体験します。その迫力、携わる熟練職人の技、収穫した杉材の尊さをひしひしと感じました。それは、人の手で大木の根元に力強く斧を入れ、重機で安全な方向へ牽引してなぎ倒すという、アナログで伝統的な木こりの姿でした。切り込み方、周囲の木の枝や風もあって、安全な方向に100%倒せるとは限りません。こうした人たちは、命がけで山の倒木を防いだり、土砂災害を防ぐための山の管理も行っている、山のプロです。

収穫した木は製材工場に運ばれて加工され、加工で余った木片は燃やされます。そのときふと、アメリカの製樽工場で見た光景やお客さんの言葉を思い出して、今この燃やされている杉の木片が、我々の探しているものに違いないと思ったのです。

バーボンはジムビームやメーカーズマークのような大きな会社だけではなく、たった一人の製造者が先祖代々受け継いでいる蒸溜所もあって、大小問わずローカルビジネスの気概を感じます。

ここでバーボンに改めて敬意を表したいのは、南北戦争や禁酒法の歴史を経て今があるということと、地域資源のコーンを原料に始まったということです。

私のような小さな酒造は製造ロットが少ないからこそ、「木のリキュール」のような未確立な地域資源の分野にチャレンジすべきです。現在、端材を提供してくださる木材店様からも「ヒット筋の商品ではないだろうけど、地元のリキュールなら日光杉は絶対に外せないよ」と、熱い応援をいただいています。憧れのバーボンと地元林業の神秘さが相まって、作るのが楽しいウッディな作品です。

ファーストモデルは「#2486男体山」

日光市中禅寺湖のほとりに美しい円錐形を構える「日光男体山(標高2486m)」をテーマにした

​現在終売。新商品開発中。

木の街ツアーin鹿沼 byえにしトラベル

英名:Japanese cedar

学名:Cryptomeria japonica

科名:スギ亜科

原産:日本 - 日本固有種

杉の香りの効果

森林浴効果、鎮静効果があり、気持ちをリラックスさせるのに最適で安眠効果があります。

© Tochigi Liqueur.inc All Rights Reserved